ふるさと納税 ワンストップ

ふるさと納税には【ワンストップ特例制度】というものがあります。

これはどういう制度かというと、ある一定の条件をクリアーした方は、

税金控除に必要な確定申告が不要になるというものです。



平成27年4月1日から以下の2つの条件に当てはまる方は

ふるさと納税に関わる確定申告が不要になりました。

条件1:1年間のふるさと納税の寄附先が5自治体以内
条件2:確定申告をする必要がない給与所得者


ですから、寄附先が5自治体以下で、普段は確定申告の必要がない収入の

サラリーマン(給与所得者)ならば、ワンストップ特例制度を受けられるわけです。

確定申告なんてしたことがない方にとってはすごくメリットが有る制度です。

だって、会社員なら、面倒な確定申告しなくても良いし、手間が簡素化されるわけですから。



ワンストップ特例制度を活用する場合の手順としては、

   1希望する自治体にふるさと納税を申し込む

   2ふるさと納税(寄附)する

   3「ワンストップ申請書」を自治体へ郵送する

   4特産物や特典をもらう

   5住民税の控除が受けられる


となります。