ふるさと納税 確定申告


ふるさと納税で節税しようと思う人は、ワンストップ特例制度を使う方以外は

確定申告をしなければなりません。


次の条件に一つでも当てはまる方は確定申告をしてくださいね。

・年収2000万円を超える会社員
・住宅ローン控除や医療控除の確定申告をする方
・自営業者やフリーランスなどの確定申告をする方

上記の方は、その確定申告にふるさと納税の申告も加えるわけですね。



ふるさと納税の確定申告をする手順は、

1.まず希望する自治体にふるさと納税を申込みます。

2.ふるさと納税(寄附)をします。

3.寄附金受領証明書を受取ります。

4.特産物や特典をもらいます。

5.翌年、確定申告します。

6.所得税の還付が受けられる(受けられる場合)

7.住民税の控除が受けられる(受けられる場合)


という順番になります。


注意点としては、自治体への寄付額を確定申告するのは、ふるさと納税をした年の翌年ですので

お間違えのないように。

節税しようとして確定申告直前に寄附しても、

それは翌年の確定申告分となってしまうということです。